野菜は現代人の救世主


野菜は健康な体を作ってくれる大切な栄養素をたくさん含んでいます。
まず、野菜は緑黄色野菜と淡色野菜にわかれています。
野菜というと緑黄色野菜を思い浮かべるかもしれませんが、一般的に緑黄色野菜とは、ピーマン、カボチャ、トマト、ホウレンソウ、アスパラガスなどです。
可食部100グラムあたりカロチンが600μグラム以上の野菜のことを言います。

緑黄色野菜に含まれるベータカロチンは、ガンになるリスクを抑える効果があります。またトマトに多く含まれるリコピンもガンを抑える効果があります。
カロチンのほかに、ビタミンB1、B2、C、カリウム、食物繊維などが含まれ肌の調子や体調を整えてくれます。
淡色野菜は可食部100グラムあたりカロチンが600μグラム以下のものをいいます。淡色野菜は、生でおいしく食べられるくせのない味のものが多く、レタス、ダイコン、タマネギ、キャベツなどです。こちらは、白血球の働きを高め、免疫力をあげる力が強いです。免疫力をあげると、風邪を引きにくくなり、疲労感なども感じにくくなりますし、風邪にかかった場合も風邪の治りが早いです。両方の野菜をまんべんなくとることで現代人の健康増進につながります。

どちらの野菜も、カロリーが低い、食物繊維が豊富なものが多く肥満などの生活習慣病予防にも効果的です。
その他、タマネギで有名な血液をサラサラにする効果から動脈硬化や高血圧の予防なども有名です。
子供は給食や親の配慮で野菜をとる機会がありますが大人はすべてが自己管理なので大人こそ意識的に野菜をとることが大切だと思います。